嘘じゃなかった資本金1円

嘘じゃなかった資本金1円

「今は1円でも会社を作れるんだよ」なんて、冗談好きの友達が言い出しました。いつもすぐ真に受けて、バカにされる私。でも今回は騙されません。駄菓子の5円玉チョコだって5円はするのに、1円で会社を立てられる?そんな話があるわけありません。

「いつから1円なんかで会社を立てられる時代になったの?」と、半ば呆れ顔で言い返しました。すると「2006年から」と答える友達。その顔は意外にも大真面目です。それでも頑なに信じようとしない私。やっぱりいつものように真に受けて驚く私を、バカにしようとしているに決まっています。

嘘だろうとは思いながらも、ちょっといつもと様子が違うので「もしかしたら本当かも?」という気持ちも芽生えてきました。用心深く自分で調べてみたところ、どうやら友達が言うことは強ち嘘ではないようです。

以前は法律上、会社を設立するには最低でも1000万円以上の資本金が必要でした。でも会社法の改正に伴い「最低資本金制度」が廃止され、会社を設立するときの資本金の制限がなくなったようなんです。現実的な問題は別として、法律上では1円で会社を設立するのも可能だということになりますね。

新会社法が施行されたのは2006年のことなので、会社を1円の資本金で設立できるようになったのは2006年からだと友達が言うのも、嘘ではないということですか。

たとえ1円で会社を設立できる時代だと知ったところで、私にはどうすることもできません。万年金欠の私でも、1円の資本金くらいはあります。でもいつも友達にバカにされる私に、会社を設立できる脳があるわけありません。

さすがに資本金1円で会社設立に乗り出す話は聞きませんが、現に数千円の資本金で会社を設立した方もいるんだというから驚きです。数千円で設立した会社の行く末がとても気になります。

足脱毛vライン脱毛

地域限定ジャイアントプリッツ

地域限定で販売されているプリッツを制覇すること。それが、プリッツFANの私が抱く野望の一つ。だけどわざわざプリッツを入手するために、全国を回ることはさすがに困難。そんなとき、ネット販売はとても便利で助かりますm(_ _)m

地域限定販売のジャイアントプリッツのいくつかをご紹介します。

■鮭(北海道)

鮭が生地に練り込まれている上に、さらに表面にもまぶされているんだそうです。まさに鮭づくし。こんなに鮭が使われたお菓子が、他にあるでしょうか。鮭の生臭さがどう生かされているか、そしてどんな風にプレッツェルとマッチさせられているか確かめたいです。

■なにわ名物たこ焼(関西)

たこは生地の中、青のりと紅生姜は生地の外で味わえるプリッツのようです。もちろん、甘辛いソースも楽しめるんだとか。大阪で焼かれたたこ焼きをお土産に持ち帰るのは難しそうですが、大阪のたこ焼きが再現されたプリッツならお土産にもピッタリですね。

味だけじゃなく、大迫力の道頓堀ネオンがデザインされたパッケージも見物です。目にも楽しい大阪土産だと思います(^^)

■博多明太子(九州)

明太子味のプリッツは、過去にも全国販売されていました。九州限定版には、福岡産の辛子明太子が使われているようです。過去に販売されていた明太子味のプリッツが手に入らない今となっては、限定の味と比べられないのがとても残念です。

■信州りんご(信州)

フルーティーなプリッツ!りんごは生で食べるのが一番好きな私ですが、プリッツになるとどうなるのか気になります。信州産りんごの甘酸っぱさ、プリッツで味わってみたいです。

北海道限定の鮭と九州限定の博多明太子は、粉々にしてご飯にかけて食べてもおいしそうだと思えると最高です。信州限定の信州りんごを食べたら、今度はアップルパイ味も食べてみたくなるかもしれません。そして、関西限定のなにわ名物たこ焼き。やっぱり本場の味は違うと感心させてもらいたいです。

背中の脱毛